やっぱり「Evernote」

やっぱりこのアプリは落としておくべきですよね〜
無料ですから、メモアプリとして使ってもいいですよ!

MacやWindowsPCでもEvernoteにアクセスできるので便利です。
Google ChromeでEvernoteをつかうと便利です。検索でノート内も探してくれます。
Googleを検索するとEvernoteも同時に検索される―Chromeエクステンションに同時検索機能を追加
こちらから拡張機能を利用しましょう
https://chrome.google.com/extensions/detail/pioclpoplcdbaefihamjohnefbikjilc?hl=ja

Windows版のEvernoteも進化しました!
Evernote 4 for Windowsが完成しました! « Evernote日本語版ブログ


とりあえずアプリを落として
Evernoteのアカウントを入手(無料)して使ってみて下さいね。
簡単ですから(*^^)v

Evernote 3.4.0(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

Evernote 3.4.0
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 App
更新: 2010/11/12

imagesimages



私の活用法はこちらのブログをご覧下さい。
私のEvernote利用法(覚え書き)



紛失したデバイスを探すアプリ「iPhoneを探す」

その名の通り、紛失したiPhone・iPod touch・iPadの場所を
GPSで地図上に表示したり、見つけた人に向けてメッセージを送信したり、
遠隔操作でロック・データの消去ができます。

※iOS4.2より無償化になりました。

iPhoneを探す 1.1(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.1.3 以降が必要

iPhoneを探す 1.1
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 App
更新: 2010/11/22

imagesimages





まずは、iPhoneの設定をしてみましょう。
1.「設定」「メール/連絡先/カレンダー」
  → 「アカウントの追加…」を選びアカウントの追加…画面へ

2. MobileMe を選ぶ
MobileMeアカウント設定

3. Apple IDパスワードを入力
※iTunesで購入の時等に使用するメールアドレスのIDを入力
 メールアドレスのでないとエラーになるようです。

MobileMe設定2

4. 規約(9ページあります)に目を通し承認して
「iPhoneを探す」をオンにして許可

MobileMeアカウント設定3

5. 「設定」「メール/連絡先/カレンダー」で確認すると
  メールアカウント「MobileMe」が追加されてます
  iPhoneを探すのオン/オフもここからできます。

MobileMeアカウント設定4 MobileMeアカウント設定5


6. 「iPhoneを探す」アプリを起動
  先ほどと同じApple IDパスワードを入力
  すると所在を探し出し、地図上に表示され遠隔操作ができるようになります。

iPhoneを探す iPhoneを探す3

ここまでで、自分自身を確認できました!
しかし実際はiPhoneが無い状態ですね…




<< 紛失時のMac/PCからの操作方法は >>

こちらのMobileMeにログインして下さい。
※登録したApple IDとパスワードでログインして下さい。

地図上に所在地が表示されます。
アプリと同じように「→」マークの部分を押すと遠隔操作画面が出ます。


「iPhoneを探す」をオン状態にしておけば
万が一と言う時に場所が確認できて、遠隔操作ができますので安心ですね!